受験合格に必要な手帳・スタディープランナー活用術と勉強法を紹介!

スタディープランナーが続かない人必見!続けるための11のポイント!

ダイチ
WRITER
 

SPMB無料プレゼント中!
今なら無料でスタディープランナーを学べます

 

 

スタディープランナーの奥義
無料プレゼント中!
今なら会員登録するだけで
スタディープランナーの奥義が学べます

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイチ
手帳とスタディープランナーが大好きな人間。 自分でスタディープランナーを作ったりして、無料配布しています。 「手帳×勉強」「スタディープランナー×勉強」が得意分野で、計画の考え方を教えたりしています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ダイチです!

 

今日は、スタディープランナーを続けるための3つの方法11個のポイントついてお話していこうと思います。

 

 

とある、メルマガ読者さんからの質問

 

スタディープランナーを続けるコツってありますか?

いつも、1日か2日間書いたら、その次の日からが続かなくて・・・。

読者さん

 

あるあるですね!

じゃあ、こんなかんじでやってみてはどうですか?

ダイチ

 

僕は3つ提案しました。



提案その1.無理に続けないというルールをつくる

 

無理に続けない?

私はスタディープランナーを続けるようになりたいんですけど…

読者さん

 

なんでもそうですが、「続ける」っていう行動はめっちゃ難しいんですよね。

だから、始めのうちは続けられなくて当たり前なんです。

ダイチ

 

ポイント①
新しいことを続けようとしたとき、続けることができないのは当たり前!

 

 

続けられないことは当然なんです。

だから、続けられないことに対して、そこまで悲観的に見る必要はありません。

 

無理に続けようとすると、かえってしんどくなり、「やめちゃえ~」ってなりませんか?

ダイチ

 

確かに、最初はスタディープランナーを使おう!と思ってたのですが、続けられないのがイヤになってスタディープランナーをやめようかなって思ってしまいました。

読者さん

 

そうなんです。

スタディープランナーに書くことがもうイヤ!というよりかは、スタディープランナーが続かないことがイヤなんですよね。

 

つまり、無理に続けなかったら、スタディープランナーを嫌いになることはないんです?

ダイチ

 

スタディープランナーを嫌いにならなかったら、スタディープランナーを続けるチャンスがまだあるってことですか?

読者さん

 

そういうことです!

もうイヤ!って完全に放り投げてしまう状態をとにかく作らないということが大切なんです!

 

「完全にやめない」という状態をまず作ることがある意味、「続ける」という状態を作ることの第1歩なんです!

ダイチ

 

ポイント②
やめてしまえ!状態をとにかく作らないことが、続けられるようになることの第一歩!

 

 

で、強く言っておきたいことがあって、「やめる」といっても完全にやめなかったらOKです!

簡単にいうと、一時的にやめるのは別に問題ないんです。

 

だから、僕は何か新しいことを続けようとするとき、一時的にならやめてもいいというルールを作っているんです!

ダイチ

 

ポイント③

一時的であれば、やめてもいいというルールを作る!




一時的ってどれくらいですか?1日ぐらいですか?

読者さん

 

まぁ、ストイックにいくなら1日ぐらいならオッケーってかんじですね。

 

でも実際は、1日スタディープランナーを書かない日があって、その次の日になったら書けるようになっている、なんてことはないと思います。

ダイチ

 

そうなんです。

なかなか、1日休んで次の日は書けると言われれば、書けないですね・・・。

読者さん

 

だから、最初のうちは3日~5日に1回書くって感じでも全然オッケーですよ!

とりあえず、スタディープランナーを書くことを「復帰する」までの期間を決めておくことが大切なんです。

 

まぁ、1週間に一回でもいいくらいですよ最初は。

毎週月曜日はスタディープランナーを書くみたいなかんじで。

ダイチ

 

ポイント④

復帰するまでの期間を自分で決めておく!

 

 

ところで例えば、4日休んで1日書くということを続けることが、毎日続けることに、どうつながるのですか?

読者さん

 

安心してください。大丈夫ですよ!

 

何事もハードルを下げて挑むことが大切です。

スモールステップでいけばいいのです。

 

徐々に復帰までの期間を短くしていけばいいのです。

ダイチ

 

ポイント⑤

だんだんと復帰までの期間を短くしていく!

 

 

なるほど!

最初のほうは、1週間に1回でも、だんだんと5日に1回、3日1回、1日1回ってかんじにやっていくんですね!

読者さん

 

そういうことです!

 

それと、気づいているでしょうか?

もし、1週間に1回でも、5日に1回でも自分で決めたルール通りに書けていれば、それって「続ける」ということになっていませんか?

 

1週間に1回続ける、5日に1回続けることになっているんです。

 

毎日書かないと!みたいな無理をせずとも、期間を少し長くして「続ける」という感覚を身体に染み込ませることはできるということです!

ダイチ

 

でも、1週間に1回でも、5日に1回でも続けることが難しいと感じてしまうのですが・・・。

読者さん

 

聞くの忘れていたのですが、どんなタイプのスタディープランナーを使っていますか?

製品化されているものを使っているなら、具体的な商品名でもいいので。

ダイチ

 

いろは出版のスタディープランナーです。

読者さん

 




冊子になっているやつですね。

それに、記入欄もたくさんある。

 

じゃあ。

ダイチ

 

 

提案その2.記入欄の少ないスタディープランナーを使う

 

記入欄の少ないスタディープランナーってどんなのですか?

読者さん

 

このブログで紹介しているスタディープランナーであれば、例えばこれです。

【無料配布】超シンプル、TODOリストを勉強に!TODOスタディープランナーの使い方

ダイチ

 

記入欄が少ないといいことあるんですか?

変な質問してすいません。

読者さん

 

全然、へんな質問じゃないですよ!

 

記入欄が少ないということも、実はハードルを下げることの1つの要素なんです。

 

記入欄が多いと、書く気なくしませんか?

とにかく、「よし!書いてやるぞ!」とまで思わなくても、「ちょっと書いてみようかな~」てな感じで軽い気持ちで十分なんです。

ダイチ

 

ポイント⑥

できるだけ少ない記入欄のスタディープランナーを使って、書くことのハードルを下げる!

 

 

なるほど。

ちょっと心配になっているのですが、書く内容が少なくても大丈夫なんですか?

いっぱい書いたほうが、効果的な気がするのですが?

読者さん

 

そう思うのもよく分かります!

僕も最初はそうでした。

 

でも、こういう考え方って、「目的」「手段」が入れ替わってしまっているんです。

ダイチ

 

目的と手段ですか?

あんまり、考えたことがないですね・・・。

読者さん

 

そもそものお話をしますね。

 

スタディープランナーを使うのって、勉強をより効果的に効率的に行うためですよね?

本来は勉強をすること自体が「目的」で、スタディープランナーをその目的を達成するためのサポート役なんです。

 

つまり、スタディープランナーを書くというのは、「目的」ではなく「手段」なんです!

ダイチ

 

そうですよね。

スタディープランナーを書くことを一番に考えていました。

 

でも、一番大切なことは今考えると、勉強にスタディープランナーを活かすことですよね!

読者さん

 

その通りです!さすがです!

 

ちなみにですが、TODOリストを書くだけでも、十分勉強には効果的です。

ですので、さきほどオススメとして紹介した

【無料配布】超シンプル、TODOリストを勉強に!TODOスタディープランナーの使い方

でも、十分勉強に役立ちます。

ダイチ

 

ポイント⑦

スタディープランナーを書くことは「手段」。「目的」と「手段」を取り違えない!

 

 

で、もし記入欄が少ないスタディープランナーを書くことを続けられるようになって、もの足りないな~と思ったら、もっとたくさん書けるようなスタディープランナーに挑戦すればOKです!

ダイチ

 

これも、スモールステップですね!

読者さん

 

ポイント⑧

少しずつ、書く内容を増やしていく!

 

そういうことです。

 

そういう意味では、冊子になっている記入欄が多いスタディープランナーよりも、1枚1枚使えるようなスタディープランナーのほうがいいかもしれませんね。

ダイチ

オススメ記事

スタディープランナーテンプレート集

⁂スタディープランナのテンプレートを無料でダウンロードできますよ⁂

 

 

とりあえず、記入欄が少ないスタディープランナーから始めていこうと思います。

せっかく、買ったスタディープランナーがもったいない気もしますが。

読者さん

 

いろは出版のスタディープランナーは、日付があらかじめ印刷されてませんよね?

ので、記入欄が少ないスタディープランナーで慣れた後からでも、続きから使えばいいと思いますよ!

ダイチ

 

確かに、そうですね!

ありがとうございました!

読者さん

 

あと、+αになるのですが、スタディープランナーを続けるためのモチベーションアップ術を教えておこうと思います。

ダイチ

 

 

提案その3.ポイントカードをつくる

 

 

ポイントカードって、買い物したときに使うポイントカードみたいなかんじですか?

読者さん

 

そんなかんじです。

ポイントカードって、たまっていく感じがしてうれしいし、楽しいし、なんかよくないですか?

 

実は行動心理学的にも効果的とされていて、モチベーション持続にも役立ちますよ!

 

スタディープランナーを使ったら、1ポイントもらえるというようにします。

ダイチ

 

ポイント⑨

ポイントカードにポイントをためて、モチベーションUP&持続!




ポイントの管理というか、どんな感じに、どこにポイントをためればいいのですか?

レジみたいにピッっとするやつは使わないでしょうし。

読者さん

 

ポイントカードにポイントの代わりとなる、シールを貼ります。

シールがなければ、チェックマークやサインでもオッケーです!

ダイチ

 

 

そのポイントカード自分でつくらないとダメですよね?

読者さん

 

自分で作ってもいいですね。

紙に日付とシールを貼ったり、チェックマークを付けられるようなマス目をつくればいいですし。

 

また、カレンダーに貼るようにしてもいいですね!

ダイチ

 

なるほど・・・

読者さん

 

もし、ポイントカードを作るのが面倒なのであれば、手帳フォーマットを使うのをオススメします!

 

月間ガントチャートタイプや月間ブロックタイプがいいと思います!

ダイチ

 

例えばこれです。

 

 

 

1ヶ月の空欄に、シールがポンポンポン!とたまっていくのが、めっちゃ気持ちいいんですよね。

この快感が、「もっと頑張ろう!」と自然に思わせてくれます。

 

自然に「続けよう」となんとなくでも思えるようになったら、こっちのものですよ。

だって、ストレスなくスタディープランナーを使うことができるんですから。

 

ストレスを感じない分、しっかり勉強にも集中できますよね?

ダイチ

 

確かに、「目的」は勉強なので、勉強以外でストレスを感じたらもったいないですね。

手帳のフォーマットでポイントためていこうと思います。

読者さん

 

ポイント⑩

月間タイプの手帳にポイントをためていく!

 

でも、1週間に1回や5日間に1回だと、なかなかポイントがたまりませんよね?

 

だから、最初のうちはポイントをたくさんゲットすることよりも、ポイントが1つでもゲットできることを目標としてみてください!

ダイチ

 

ポイントがたまらなくて、スタディープランナーを使わなくなったら逆効果ですもんね。

 

ただ、少しのポイントでうれしいと思えるのかどうか不安です。

読者さん

 

1ポイント手に入ったらうれしいと思うのは、難しいと思います。

 

なので、1ポイント入ったら、めっちゃ自分を褒めてあげてください。

「よくやったぞ!自分!」って感じで。

ダイチ

 

そんなちょっとのことで、自分を褒めてもいいんですか?

読者さん

 

ちょっとのことだから褒めるんですよ!

ちょっとのことだと、なかなか周りの人達って気づいてくれないし、気づいてくれたとしても、褒めてくれるかは分かりません。

 

ちょっとのことでも気づくことができる自分だからこそ、ちょっとのことでも自分を褒めてあげるんです!

ダイチ

 

周りに自慢するわけじゃないですしね。

こそっと、褒めてみようかな~

読者さん

 

ですね!

もし、褒めることができなかったら、僕のところに連絡してくれたら、褒めますよ!

恥ずかしがらずに、どんどん送ってきてください(笑)

ダイチ

 

ありがとうございます(笑)

読者さん

 

ポイント⑪

1ポイントたまったら、自分をめっちゃ褒めてあげる!



まとめ

 

相談内容

  スタディープランナーが続かないのですが・・・

 

ダイチの提案

 

  1. 無理に続けないというルールをつくる!
  2. 記入欄の少ないスタディープランナーを使う!
  3. 提案その3.ポイントカードをつくる!

 

スタディープランナーを続けるための11のポイント

 

  1. 新しいことを続けようとしたとき、続けることができないのは当たり前!
  2. やめてしまえ!状態をとにかく作らないことが、続けられるようになることの第一歩!
  3. 一時的であれば、やめてもいいというルールを作る!
  4. 復帰するまでの期間を自分で決めておく!
  5. だんだんと復帰までの期間を短くしていく!
  6. できるだけ少ない記入欄のスタディープランナーを使って、書くことのハードルを下げる!
  7. スタディープランナーを書くことは「手段」。「目的」と「手段」を取り違えない!
  8. 少しずつ、書く内容を増やしていく!
  9. ポイントカードにポイントをためて、モチベーションUP&持続!
  10. 月間タイプの手帳にポイントをためていく!
  11. 1ポイントたまったら、自分をめっちゃ褒めてあげる!
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイチ
手帳とスタディープランナーが大好きな人間。 自分でスタディープランナーを作ったりして、無料配布しています。 「手帳×勉強」「スタディープランナー×勉強」が得意分野で、計画の考え方を教えたりしています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スタディープランナー手帳塾 , 2018 All Rights Reserved.